ねこが大好き。 いろんな物事について書いてます。

ぷにろぐ

The Machinist | main | The Football factory
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
引退
日本の有名サッカー選手が先日引退した。

彼の試合は年代別代表の頃から見ていたが、その当時は別の選手の影に隠れてメディアでも大きく取り上げられる事は無かったように記憶している。

自分にとって彼の最初の印象は恐らくA代表デビュー戦だった国立での韓国戦だった。試合はリアルタイムで見ていたが、記憶にあるのは、別のサッカー番組で、試合中に彼が当時の代表ボランチの選手に「キラーパス」を送ったシーンを「あごで使うようなプレー」と賞賛の意味を込めて解説されていた事だ。

その後は「異質」な彼のイメージがメディアで何度も伝えられた。ワールドカップを決めた試合で記念写真に写ろうとせず「これからはJリーグを盛り上げて」とインタビューで語っていた。「クール」と言うイメージがメディアによって創り上げられたのかどうかは分からないが、当時は正直鼻につく奴だと思った。

日本のメディアにはろくに受け答えせず、外国のメディアには笑顔で対応する。そんなシーンを見ていても、彼の人間性を支持しようとは到底思えなかった。むしろ彼がイタリア語で記者に笑顔で対応するシーンを見て彼を日本人だとは全く思わなくなった。

しかし彼は結果を残した。セリエAデビュー戦で2得点。GKのペルッツィから得点した事が個人的には印象に残った。ローマに移籍し、シーズン制覇を遂げた。日本代表ではカリスマ的存在になり常に中心選手であった。

一方サッカー界のみならず、いろんな分野でも注目されていた。ビジネス、ファッション、語学。グローバル化の中のひとつの目標とされる人間のような眼差しで見られていた。彼にとってはごく当たり前の事だったかも知れないが、羨望、嫉妬、複雑な感情で遠く離れた日本人は見ていたと思う。

彼は自身のメディアを立ち上げてファンに直接メッセージを送るシステムを構築した。マスコミを通さず自分自身の意見を発信し続けた。メディアとの軋轢は有名だったため、こういった方法は当然だったかも知れないが、そこに「議論」は無かった。衛星放送は誰もが視聴できるわけでは無く、ホームページにも本当の意味で意見を共有できる場は無かった。

最後まで「客観的な一般人」は彼と言うサッカー選手の実像をつかめる術を持たなかった。結果、もはや彼と繋がりの無いメディアが作った、非常に曖昧な「カリスマ」と言う言葉で納得し、彼を支持するしか無かった。そしてお祭り騒ぎで彼を持ち上げ、本質を見出すことも無いまま勝手なイメージを共有していた。

日本代表はワールドカップで惨敗した。間違いなくチームは空中分解の状態にあった。大会前、大会中はろくに議論されなかったが、最近になってやっとメディアも報じるようになってきた(こういった都合の良い姿勢が彼が最も嫌っていたものかも知れないが)。

個人的には彼が「異質」なわけでは無かったと思うし、チームメイトに非があるわけでも無いと思う。ただ存在があまりにも大きくなりすぎた彼が公平に議論される事が無い環境では、チームの中に溶け込むのは難しかったかも知れない。

そして最後も議論の余地の無いまま辞めてしまった。偉大なサッカー選手である事は間違いないが最後まで彼の本質は分からなかった。日本の環境の問題なのか、メディアとの確執が原因なのかよく分からないが、次回大会まで見ていたかった選手のひとりではあると思う。

スポンサーサイト
| スポーツ | 03:20 | トラックバック:0コメント:6
コメント
彼は日本代表(黄金世代)に足りないものを持っていた。
日本代表(黄金世代)は彼に足りないものを持っていた。

最後まで合い交わることがなかった。お互い受けれることができなかった。


そして彼は選手をやめた。

日本サッカーのひとつの時代が終わった。今後どうなるかはわからないが、俺は今日本サッカーは大きな転機を迎えていると思う。マイナースポーツへ逆戻りする可能性もあると思う。

今度のガチンコのとき語りましょう!
2006.07.08 Sat 03:29 | URL | Carles Puyol
>彼は日本代表(黄金世代)に足りないものを持っていた。
>日本代表(黄金世代)は彼に足りないものを持っていた。

ですよね。結局彼は「雲の上の人」と言うイメージから抜け出せなかった。結果うまく補い合うことも無く終わってしまった感じだよ。

これほどまでに代表がまとまらなかった事は俺は聞いた事が無い。メディアの責任も彼の責任も含め、今後どう議論され活かされて行くのかは注目すべきだと思う。

えぇ、ガチンコでは是非語りましょう。
2006.07.08 Sat 03:35 | URL | Neko Rocker
日本人記者の相手に甘えるインタビューの仕方に
うんざりしてたのかなと思う。

日本語の曖昧さも助けて、常に曖昧で何が聞きたいのか分からない、しかも話聞いてないとなると最初から拒否感覚えてしまうのはしょうがない。
見ているこっちもイライラするし。
だから海外でのメディア対応が良くなってしまうのも必然という気がしました。
2006.07.17 Mon 12:57 | URL | 祥
>>祥

そうだね。実際彼は「今日の試合は~でした」的なインタビューに疑問を持っていたみたい。彼のMailでも語っていたし。

だけど俺が残念だったのは、中田に限らず選手とマスコミの間の緊張感が議論を生み双方に良い影響をもたらすと俺は考えていて、中田がある意味一方的にHPと言う形でのみの情報を発信する手法を選んだことで、そこに議論が生まれなくなったような気がする。

ファンはほぼ受動的に「ひで」の意見に晒されるだけで、ファン同士やファンと「ひで」との議論の余地が無くなったんじゃないかと思う。

結局「無視された」マスコミは彼の周辺のイメージ戦略にのせられ、彼を「王様」に祭り上げてしまったんじゃないかな。

三者がバラバラになることで一番被害を被ったのはファン。ひでとマスコミの対立でファンは結果的にPR会社、スポンサーの虚像を受け入れるしかできなかった。

そうした事がひでへの客観的評価の余地を無くし、マスコミはひでの周辺の思うがままの操り人形になってしまい、結果ひでの引退を早めた気がするよ。

「見ていてイライラする」気持ちは良く分かる。マスコミには「馬鹿な質問するんじゃねーよ」って部分とひでには「マスコミでしかお前の言葉を聞けないから少しはファンの気持ちを汲め」と。

こういうのを泥沼と言うのかも知れないけど、今回のWCのメディア大本営体制はひでの引退が縮図なのかも知れないね。
2006.07.17 Mon 19:20 | URL | Neko Rocker
なるほどー
議論の余地を失くしたってそういうことなのね!
でも日本のインタビュアーは中田にとって緊張関係を保てる人たちではなかったと思う。
ただプロ論を語るなら、自分が嫌でも仕事ならきちんと対応してほしいよね。
中田はすごいけど、全てが正しいわけじゃないしまちがてるわけじゃない。
自分で棲み分けしてとりこんでいかないとですな~
それからマスコミがヒデに対応してもらえなくて
「孤高の王様」的な表現ばっか使ってカリスマ性を肥大化させたのも勝手にやったことだし、要はそれに洗脳されなければいいんだよね。
イメージがあったって自分なりの生き方考え方があれば取捨選択できるんだし。
でも洗脳される一般日本人・・・私もその気はある。
縮図だほんとに。
2006.07.23 Sun 01:24 | URL | 祥
日本のインタビュアーは祥ちゃんのおっしゃる通り。「プロ野球的」なんて言われてるけどね。

インタビュアー「今日は素晴らしいホームランが打てました!」
選手「はい、内角をうまく打てました!」

ってな感じだけど、中田は

インタビュアー「今日は素晴らしいゴールを決めました!」
中田「・・・で?(何が聞きたいの?)」

ってなる。でも、ある意味では当然。「相手へのまる投げ」では選手は何を答えればいいか分からないし、それは聞き手の甘え以外の何物でもないかも知れない。

そういったものの被害はTVでコメントを期待するファンにくるわけだし、インタビュアーには、素人考えでも突っ込んだ明確な質問をして欲しいよね。

「洗脳問題」に関しても今回ほど「メディアリテラシー」なるものの重要性を感じたことは無かったよ。個人が考え、意見する事をメディアの馬鹿騒ぎが奪っていたのかも知れない。

だからこそ、普段から国内リーグに関心を持ち、しっかり現状を把握することが大事だと思う。

祥ちゃんは大学サッカーやJリーグに興味をもっているから「洗脳される一般日本人」とは違うと思うよ。そういうものに興味を持つことが将来の選手を育てる事になるだろうし。

と言うわけで(?)これからも大学やJを応援しましょう!

ぷに。
2006.07.23 Sun 06:30 | URL | Neko Rocker
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://acchonburike507.blog71.fc2.com/tb.php/7-fe08409d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

ぷにぷに

Author:ぷにぷに
はじめまてち。
ぷにぷにでちゅ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。