ねこが大好き。 いろんな物事について書いてます。

ぷにろぐ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
BAD・BOYS
某サッカー雑誌の特集誌です。部屋を整理していたら出てきました。

無くしたものとすっかり諦めていただけに再会は感動的でした。私の人生の規範となる方達が数多く特集されています。

海外の「反逆的な」サッカー選手の特集です。「反逆的」と言うよりは単なる馬k・・・いやいや。
そのような馬鹿がいなければサッカーなんて何の面白みも無いでしょう。ゴルフやテニスに代表される上流セレブ(笑)の成金スポーツとの決定的な違いはここです。

Les/Enfants/Terribles(スペースキーが無いので/で区切ってますw)

フランス語でしょうか?「恐るべき子供達」。
雑誌の冒頭はこのように始まります。

「健全な思春期を迎えることの出来なかった気の毒な少年達は、サッカーチームと言う彼らの家で失った少年の日々を取り戻そうとする。徒党を組み、不遜な態度をとったり、駄々をこねてふて腐れてみたり。そうすることで、得られなかった愛が得られると信じている。彼らはただの子供なのだ。今でも、そしていつまでも」

サッカー選手の多くが、思春期の若者の多くが社会と触れ合うことで身に付ける筈の社会的態度と言うものを、思春期をサッカーのみに捧げてしまうために社会的規範を勉強できずに子供のような大人になってしまうと言う事らしい。

ここら辺の考え方が我が国とは違うね。「スポーツも社会教育の一環である」と言う考え方が浸透し、高校野球教育に代表されるようなトップダウン式の軍隊的な環境に置かれた若者は社会からも「有能」である、として評価を受けるからね。「体育会は就職にあぶれない」ってのは少し前までは常識でしたし(笑)ん、今でも、かな?

いわゆる「日本式の体育会」こそが俺が最も忌み嫌うもののひとつ。右向けっ、右っ!!前へならえ!!ハイル・ヒットラー!!

そんな中で、このバッドボーイズ達を見ていると、彼らは自由で開放されて人生を余すところ無く謳歌しているように思えてくる。あぁ人生って素晴らしい。

ところで彼らはいかに子供なのか。実例を挙げていくつも紹介されている。暴力、アルコール、ドラッグ、セックスとやりたい放題の彼らの中でも最も笑えたのが元フランス代表のニコラ・アネルカ。

仮病でチームの練習をサボる

暇なので友人に電話をする

アネルカ「もし僕の家が火事になったら何分で消防車が来ると思う?」

友人「さぁね。10分くらいじゃない?」

アネルカ「10分以内で来れるかどうか賭けないか?」

ストップウォッチを片手に自宅に放火。消防署に電話する。

見事に自室まで延焼。


普通の人間なら

「僕の家が火事になったら何分で消防車が来ると思う?」
「さぁね、10分くらいじゃない?」
「10分かぁ、そんなモンかね。あはは」

で終わる筈なんだが。

マジで火を付けるあたりがキチガ…いや、バッドボーイですね。この辺りの考え方は一般人のそれとは大きく違うのでしょう。

ちなみにこの雑誌は他にも面白すぎるエピソードが沢山あります。味方同士で試合中に乱闘、無知から来る人種差別発言、強盗などなど。その手の話が好きな方、彼らのような生き方を目標としている方、何かにムカついてしょうがない方には無料で貸し出しますのでご連絡下さい。


ところで、この雑誌は選手のみに焦点を当てたものですが、選手の写真の背後に写る客席のファン達もかなり強烈です。

イングランドあたりだと思うんだけど、非常にヤバそうな方達が選手に指を突き立てています。目つき、体つきもアレなんですが、何よりヤバそうなのが「クチ」です。ろくでなしブルースの喧嘩シーンのあのクチの形です。歯を食いしばって唇を突き出す感じのアレです。

ファンもマジです。そりゃサッカーも強くなります。

わが国にもこういう生き方をする連中が増えれば世の中はもっと楽しくなるし、サッカーだって強くなると思うのは私だけでしょうか?

酒飲んで、騒いで、暴れる。

最高じゃないですか。
スポンサーサイト
| スポーツ | 00:31 |
| ホーム |

プロフィール

ぷにぷに

Author:ぷにぷに
はじめまてち。
ぷにぷにでちゅ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。