ねこが大好き。 いろんな物事について書いてます。

ぷにろぐ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
三浦カズ(笑)
岡田「捕まったのは、カズ、三浦カズ」

   「カズに関しては私の判断でロス市警に送致させました」





2010W杯で三浦カズ(横浜FC)と鈴木(隆行:現在無職)の2トップのアフリカ大陸絨毯爆撃を予想している私にとっては最近の日本代表は迷走しているとしか思えませんね。ついこの間の「オペレーション:重慶爆撃」はひどい結果だったね(あ、コレ政治的な意味は特にないんで、俺ノンポリww)。真剣勝負の場で育成選手のサイドバックを使い続けるのは正気の沙汰じゃないでしょ。あと何あのFW。ちょっと顔は若い頃の鈴木に似ているけど気迫は全然違うね。気迫が希薄だね、彼は。思えば2002年日韓W杯で、やや中央からの小野のロングパスに必死で追いつき、つま先が5ミリ触れたか触れてないかのレベルで僅かにコースを変え、ベルギーゴールに流し込んだアノ歴史的なシーンを再現させるような魂のあるFWはもういないのでしょうか?唯一「いつも半袖」のちょっとヤーさん顔のFWくらいですかね、気合入ってんの。

そうそう、今日病院で宣告されたんだけどさ、2CH風に言えばこんな(↓)感じかな。


~あのいらつく採血を終えて~

医者「(結果のデータを見ながら)う~ん、コレはもう治らんかもわからんね」

俺「え?」

医者「クスリ飲んでもある程度までしか行かないしね」

俺「え?じゃどうすりゃいいんすか」

医者「別に死ぬことは無いから心配ないよ」

俺「いやいやwwあんた最初「1ヶ月くらいで良くなる」って」

医者「経験上、君の場合は絶対に18万(あるものの正常値)は行かないと思う、行っても11、2万くらいかな、それも多分厳しいけど」

俺「ちょwwそれギニュー隊長の戦闘力じゃねぇかww」

医者「大丈夫、死ぬことは無いから」

俺「そういう問題じゃないんだがww」


と、言うわけで一生モンの宝を背負い込む事になりました。生涯の伴侶です、スケールの小さな疫病神か死神です。ある意味小物です。彼らとこれから語りながら今後の人生をはっきりと見直していかなければなりません。

ところで最近病院でホラーをよく読んでいると先日話しましたが、最近新たにひとつ。

「玩具修理者」

小林泰三(確かこれで「こばやし・やすみ」って読むはず、たいぞーじゃないです)の作品でホラー大賞みたいなのを獲っているようです。

場面はある若い男女が喫茶店のような場所で会話しているところから始まります。その女性は顔に傷を負っており昼夜サングラスをかかさないようにしています。男性がその傷について訪ねると女性はある話を始めます。その女性の幼い頃、近所にどんなおもちゃでも修理してしまうおじさんがいたと言うのです。奇妙な叫び声を挙げ、話す言葉はまるで外国人のようでした。近所の子供たちは自分のおもちゃが壊れるとこっそりとおじさんに修理を依頼しに行きました。親に壊れたのがバレて叱られるのが怖いのと、おじさんは無料で直してくれるのでお小遣いの節約にもなるからです。ある夏の日、その女性は幼い弟のお守りの最中に誤って弟とともに階段から落っこちてしまいます。女性は顔に大変な傷を負い、弟は死んでしまいます、悲惨な即死の状態です。彼女はおじさんに死んだ弟を修理してもらう事に決めます。腐っていく弟を背負いおじさんの家に着き「修理」を依頼します。そしておじさんは弟の「修理」に成功し弟は元通りに生き返ります。話を聞いていた男性が「それは君の妄想が作り出した偽りの記憶ではないか?」と口を挟みます。しかし女性はそれを頑なに認めようとはしません。何故ならそれが偽りでないと言う確固たる理由が存在したからです。

ここまで言うと大体の話は掴めてくると思うけど(以下ネタバレ)


女性は男性の姉でその男性こそ過去に「修理」された者だったからです。そして姉も弟との事故で頬の肉が剥がれ落ちるくらいの顔に重大な損傷を負い、おじさんに「修理」を受けたのです。

読むと分かるのだがこの話は姉と弟が幼い頃の話であり、生死とは、生き物とは、と言う概念が無く、死んだ者を「修理」する、と言う発想があまりに無邪気であるが故、恐ろしさが伝わってくる。ゲーム世代の子供が友人を殺しても(死んでも)リセットボタンを押せば生き返る、と考えてしまいかねない事情にやや近いものがあると思う。死んだ生物は当然戻ってはこない。だけど彼らは実際に戻ってきている。では彼らは一体「何」なのか?生きているのか、死んでいるのか。そもそも人間なのか?おじさんの「修理」の場面を読むとこの事が分かると思います。

「生きている」と言う定義は果たして何なのか?ふと考えてみると、とても簡単な様ですぐには答えられないこの定義を思い起こさせる作品です。

話し終えて最後に喫茶店の姉と弟は互いに問いかけます。

姉「あんたは一体誰なの?」
弟「姉さんこそ一体誰なんだい?」





スポンサーサイト
| 未分類 | 00:20 |
| ホーム |

プロフィール

ぷにぷに

Author:ぷにぷに
はじめまてち。
ぷにぷにでちゅ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。