ねこが大好き。 いろんな物事について書いてます。

ぷにろぐ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
25時(小説)
俺の好きな映画の原作。

25時とは、麻薬取引で有罪を受け、7年の刑を食らったモンティと言う若者が刑務所への収監を明日に控え、彼の親友たちとともに娑婆での「最後の」一日を過ごす様子を描いた青春小説だ。

厳密に言えばそれは「最後の」一日では無い。7年後に、服役態度が良ければ約80日ほど早く、彼の人生は「再開」する事になるはずだ。だけど、7年間と言う途方も無い時間が事実上、彼の親友たちや恋人との関係を終わらせるに足る十分な説得力を持つ、と言う意味では彼にとって人生の最後の一日なのである。

この作品はエドワード・ノートン、バリー・ペッパー、フィリップ・シーモア・ホフマンの役者を揃えて映画化されていて、個人的にはかなり評価している作品だ。

原作を読んでいて分かるのは映画では細かく描かれなかった登場人物の背景である。元麻薬ディーラーのモンティには金融トレーダーのフランク、英語教師のジェイコブが固い友情で結ばれている幼い頃からの親友である筈で、それは7年の刑期を勤め終えた後にも彼らの関係は変わらないものである、と言うのが理想だ。しかしながら、彼らは、それぞれがその私生活とモンティの長期の収監との間にいろいろな葛藤を抱えていて、最終的にはそれがとても個人的な感情に終結していると思う。

映画を観た時にも思ったけど、友情と言うようなものは1対1の関係においてもの凄く強く出てくるのだと思う。例えばそれはグループの中においてはある意味では発揮されにくいモノなのかもしれないとも思う。人間関係が3人以上の団体としてまとまった時、そこでは個々の繋がりよりは、その団体の纏まりを維持する方向に意識が向かうと思うからだ。

「変わらぬ友情」は決してフェアな関係では無く、誰かが誰かに服従する関係が一定の団体の纏まりをような構図だと思う。例えば、フランクはモンティを唯一無二の親友であると考えているが、同じ時間を共にしてきたジェイコブに対してはそれほどの友情を感じているわけでは無い。しかしながらそこにモンティを入れるひとつのグループとしての結束は存在しているからそれは凄く面白い。

個人的には1対1で会って話せる人間以外とはそういった「友情」なる関係が共有できているとは思わない。でも団体でまとまった時にそいつが「楽しい人間」と思えるのは、その団体の中で個々の役割が決められていて、それを演じることで関係が維持されているからだと考えている。その団体にその人物は必要なのだけど、個人としてはそれほど重要で無いと思う人間は誰にでもいると思う。

そのような複雑な人間関係を「明日には友人がひとりいなくなる」と言う事実が突き詰められて改めて考える事になるのがこの小説に描かれている最も面白い部分じゃないかと思う。

明日に収監を控えるモンティの描写より、その親友であるフランクとジェイコブの内面がもの凄く重要だ。「7年経っても僕たちは親友だ」と言うジェイコブの前でフランクは「お前は何にも分かってない。今日で俺たちの関係は終わりだ」と切り捨てる。しかしモンティの前では「出所したら一緒に事業を起こそう」と彼を励まし、モンティの恋人には「7年後お前は金目当ての結婚をしているが俺は刑務所の前で出所してくるあいつを待っている」と厳しく批判する。そして後半部分では彼は泣きながらモンティを殴る。フランクの姿勢が彼らの人間関係をよく表しているのではないかと思う。

ジェイコブはどちらかと言えばその関係を内面的に捉えてしまっている。彼は3人の中では非常に平和的な人間だがそれは関係をまだ摸索しているのではと思われる部分が残っている。自らの生徒に恋心を抱き、自身のセックスアピールに思いを巡らす描写などは彼らと比較した自分を考えるに留まっていて、彼ら自信のあり方について積極的な考えを持っているわけではないように思える。

こういう部分が非常にリアルで俺がこの作品を好きな理由の一番のモノだ。

一言で「固い友情」などと人間関係を片付ければそれはある種の結束を生み、楽に関係を続けられるのかも知れないが、ここでは「明日、友達がいなくなる」と言う事実を前に、その関係を改めて考えざるを得ない状況がとても考えさせられる。

もちろん普通の人間にこのような事は起こり得ない事であってなかなか考える事は無いかも知れないけど、この作品を読んでみて、自分にははっきりと友達だと自信を持って言える人間がどのくらいいるだろうかと。

やはり広く浅くでは無くて、数は少ないがフランクとモンティのような関係の友人がいることがいかに自分にとって大事か改めて思い知らされる。
スポンサーサイト
| books | 03:04 |
| ホーム |

プロフィール

ぷにぷに

Author:ぷにぷに
はじめまてち。
ぷにぷにでちゅ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。