ねこが大好き。 いろんな物事について書いてます。

ぷにろぐ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
Muse live in Tokyo
彼らのライブに行ってきた。以下その感想云々。

友人に紹介されてから結構真面目に聴いていたバンド。最初聴いた時もそれほど違和感無く入ってきた。奴らの何が好きかって言えば、ヴォーカルの声とギター。ヴォーカルの伸びすぎる声とアノ不思議で激しいギターのサウンド。

ギタープレイの何を持ってうまいと言うかは、個人的には非常に微妙な部分だと思う。早く弾くのも「うまい」けど、それはやっぱり技術的な問題なのかなとも思うし。ギターの早弾きは「1%の才能と99%の努力だ」と言っている人がいたけど、その意味では割と「音」の問題じゃなくて視覚的な問題になってくるのではと。もちろん(出す)音も正確で技術的にも早いってのは、それも立派な芸術なのだけど。

でもMuseのフロントマンのギターはどうもそういうのじゃ無くて、音としてしっかり伝わるからその世界に入れるのだと思う。その意味で「うまい」なぁと。これは個人の好みによるから一概には言えないけど、俺は凄いギタリストでもあると思ってる。

だからライブの感想を言えばただ最高!!それだけ。もちろんベースやドラムが何もしてないかって言えば全然そんなこと無い。ドラムなんか最高にRockだしベースはとにかくデカい、じゃ無くて、コーラスとってたし、ノリノリでリズムを刻んでたし、誘ってくれた友達が言ってたんだけど、ある曲で彼がギターを弾いて本業のベースはサポートに任せてるシーンがあったんだけど、どうもその曲はフロントマンが歌いながら弾くには再現が難しい曲だったらしい。でもそこにベースがギターを手に取る辺りが「3人でやろう」と言う意思が見て取れたって。普通はギターをサポートにすると思ってたんだけど、やっぱりそれはそうなのかもね。

それにしてもヴォーカルは凄いな。なんだあの声、しかもギター弾きながら。その、何て言うか「ぶびゅぅぅぅぉぉぉおおお~」ってギターの音(笑)とか、カッコイイ!俺も足が筋肉痛になるほど跳んだりはねたりできてさ。

こうして感想を書きながら音楽プレーヤーで彼らの曲の「復習」をしているのだけど、もう俺のロックリストの中の一部だね。ところで某ネット百科事典によるとフロントマンの親は霊媒師だったみたい。確かに言われてみれば彼らの音はどこかスピリチュアル…って思ったりもするね。

と言うわけでまた来る事があれば絶対行くつもり。それとちょっと彼らの曲をコピったりしてフロントマンの気分だけでも味わおうと思ったりして。 

Muse.jpg

スポンサーサイト
| Rock | 01:17 |
| ホーム |

プロフィール

ぷにぷに

Author:ぷにぷに
はじめまてち。
ぷにぷにでちゅ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。