ねこが大好き。 いろんな物事について書いてます。

ぷにろぐ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
グレート・ロックンロール・ボーイズ
これはすごい(笑)

以下日刊スポーツからの引用である。

<欧州CL:バレンシア0-0インテル>◇決勝トーナメント1回戦第2戦◇6日◇バレンシア
 最高峰の晴れ舞台で、今後に汚点を残す前代未聞の大乱闘事件が発生した。バレンシア-インテル戦の後半ロスタイムに、インテルDFマテラッツィとバレンシアDFアジャラが空中戦で競り合った直後に両軍が暴発。終了の笛が鳴ると至る所で選手が入り乱れ、神聖なピッチが即席の「リング」と化した。
 バレンシアDFナバロがベンチから飛び出し、DFブルディッソに右フックを浴びせた直後、インテルDFマイコンが跳びげりで応戦。MFフィーゴらが相手のロッカールームを急襲すると、MFカンビアッソまでが大会役員室に殴り込んだ。その横の階段には、鼻を骨折したブルディッソの血が点々と垂れていた。
 ホーム戦を2-2と敗戦同然で終え、この日も相手の堅守に苦しんだインテルのイライラが爆発した格好だ。DFサネッティは「試合が緊迫して興奮し、血を見て、わけが分からなくなった」と話した。一方、マンチーニ監督は「バカなまねをして後悔している」というナバロの謝罪にも「狂ってる。殴った後に逃げた最低野郎」と吐き捨てた。優勝候補の早期敗退という事実以上に、インテルにとって歴史に汚点を残す最悪の結末となってしまった。


これがその動画 http://www.youtube.com/watch?v=_FestVFfjVE

世界中が注目するチャンピオンズリーグ。インテルとバレンシアという世界屈指の強豪。そこでこういう事をやってくれるからたまらない。

見事ヒット・アンド・アウエーを決めたナバロがMVPなのは言うまでも無いが、警備員のバリケードを突破して特攻を仕掛けるトルドと思われるGKも敢闘賞だ。もう40近いのに。

サッカー選手が面白いのは、こういう事になった時に(少なくとも見ている側には)明白な理由が伝わってこないからだ。例えば野球の乱闘なんかは、理由は大体デッドボールを巡るものだと思う。視聴者も「そりゃ頭にぶつけられりゃおこるよな~」と乱闘に納得してしまう。

しかし

サッカーにはそれが少ない。見ている側には伝わらない。「え?(笑)何?(笑)なんで、そんなことになったの??(笑笑)」ってな感じのが多い。そりゃ夜中にマクドナルドでいすを投げ、ホームセンターで便座をパクるような奴が働く業界だ。乱闘の一発や二発たいした事じゃ無いのかも。

でもそれでいいのだ。奴らは自分の頭の中の社会的常識を犠牲にしてまで、人生をサッカーに捧げてきた連中だ。サッカーから離れれば大きな子供なんだ。それが球を蹴ることで大金を得て、やりたい放題生きている。

ストレス社会で生きる大半の人間の希望だよ、ほんと。むしろ奴らが妙に紳士的だったら、それはどこか間違っていると思う。

これからも好き放題生きて下さい。

ロックでバッド・ボーイな彼らに乾杯!
スポンサーサイト
| Rock | 03:01 |
| ホーム |

プロフィール

ぷにぷに

Author:ぷにぷに
はじめまてち。
ぷにぷにでちゅ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。