ねこが大好き。 いろんな物事について書いてます。

ぷにろぐ

もうひとつの愛を哲学する(原題:Status Anxiety)アラン・ド・ボトン著 | main | TSGGKSPR(超スーパーグレートゴールキーパー、サー・ポール・ロビンソン)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
Love Boat Captain
俺が好きなPearl Jamの曲だ。


It's already been sung
but it can't be said enough
all you need is love

(もう歌われた事だけど まだ十分では無い all you need is love)


何が良いのかはっきり分からないけど何故かこの曲は素晴らしく聞こえる。アルバムRiot Actに収録されている。多分、この曲が俺にとって良いのは、全体的に暗く、重く感じられるこのアルバムの中で、どこか前向きで、先を見つめた姿勢が受け取れるからだと思う。

Riot Actでは絶望的で愚かな世の中を描写した曲が多くて、その中である意味では気楽に、明るく生きる意味を歌っているのだと思う。

ここでは「愛の船の船長」が「舵を操り導いてくれる」
導かれる先は「愛」。彼らがこれほど、楽観的な、でも大切なテーマを繰り返し歌うのが良い。

後半の叫びが特に好きだ。
And the young, they can lose hope cause they can't see beyond today,...
The wisdom that the old can't give away
Hey,...
Constant recoil...
Sometimes life
Don't leave you alone.

絶望的な世の中でも人生を歩むことが出来る、と言う感じに俺は解釈している。この曲に限らず彼等の作品全体を通して言えることかも知れないが、キャッチーなメロディがあるわけでも無く、特に派手なソロがあるわけでも無い。曲自体はバンドのバランスを保ちながら進むものが多い。そしてその曲はリスナーに染み込むように伝わってきて、はじけて踊りたくなるような派手さは無いけれど、しみじみと曲に浸る事が出来る。そしてリスナーは載せられた歌詞の意味を考える。

その点では歌詞と曲のバランスが取れたバンドでもあり、彼等が伝えたいものがはっきりと伝わってくるのかも知れない。歌詞は非常に難解だが、何度か聞いてみるとイメージが湧いてくる。

音より歌詞が大事、と言うことを言っているわけでは無い。実際音が良くなければ歌詞など意味を成さない事もある。音楽である以上「音」は何よりも優先されるべきだ。俺は歌詞を吟味したりするタイプだが、良い音は何を歌おうが良い音だ。「音」を大前提にした上で、結局はアーティストがやりたいこと&それへの姿勢、それが最も重要な事だと思う。

パール・ジャムがやっている事は他のバンドには出来ないし、その逆も然り。その独自性が、俺が彼等を聴く一番の理由だと思う。いろいろな視点でロックは評価できると思うけど、俺が独自性と言う観点で評価する数少ないロックバンド、それがパール・ジャム。その変わらない姿勢が本当に素晴らしい。



スポンサーサイト
| Rock | 04:05 | トラックバック:0コメント:2
コメント
個人的には、パールジャムの曲は1回目に聞いたときよりも、何回も聞いた後のほうがよく聞こえる曲が多い。この曲もそんな曲の1つだった。



there is jusut one words i still believe and its …



"still"を入れたところが好き。このちょっとした皮肉がいい。

"love"の大安売りをするラヴソングとは一線を画す素晴らしい曲だと思う。


ところで話は変わるんだけど、この前飲んだときに話した「ガチンコ海外道 第1弾 インドへの旅」なんだけど、11月15日から27の期間で考えているんだけど、どうでしょうか?

旅の予定はあってないようなもので、日本では航空券しか手配しない予定。デリーからコルカタまで鉄道で移動したいなと思っている。やらせではない「とんでもない事態」が起きることは間違いない(笑)

予算は10万から15万ぐらいかな。

携帯がぶっ壊れてデータが消えたのでここから連絡しました。
2006.10.26 Thu 16:16 | URL | Carles Puyol
こっちにまで連絡をくれていたとは。申し訳ない。インドの話はメールで言った通りです。2、3月に是非別の形で実現できればと思っています。

>"still"を入れたところが好き。このちょっとした皮肉がいい。
"love"の大安売りをするラヴソングとは一線を画す素晴らしい曲だと思う。

ホントそうだ。loveが何かについて改めて考えさせられる曲だね。巷でloveがバーゲン状態にある今を見ればなおさらだ。

彼らの曲は全体としての重みがあると思う。軽いノリでも無ければキャッチーな訳でもないんだけど、何故か聞き入ってしまうよね。
2006.10.28 Sat 01:20 | URL | ぷにぷに
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://acchonburike507.blog71.fc2.com/tb.php/25-8806f59b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

ぷにぷに

Author:ぷにぷに
はじめまてち。
ぷにぷにでちゅ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。