ねこが大好き。 いろんな物事について書いてます。

ぷにろぐ

ガーナ戦 | main | live forever
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
インタビューを見ていて。
You can screem and You can shout
It's too late now

BECAUSE

You have not been paying attention
Paying attention
Paying attention
Paying attention...

これはRadioheadの2+2=5の歌詞。

フロントマンのトム・ヨークがこの間あるニュース番組でインタビューを受けていた。政治から環境問題に至るまで、いろいろと議論を交わしていた。大儀なき戦争に走った国々、環境破壊を放置する企業群、社会に対する不満を述べる彼を見ていて思い浮かんだのがこの曲だった。

「今更叫んだって遅い。だってアンタは気にかけてなかったじゃないか」

よくよく考えれば後になって対応を後悔する問題は意外に多いと思う。そしてその後悔は本来「無関心」に向けられるべきなのに、自分が「無関心」だったことを棚に上げ、周りに合わせて怒鳴り散らすのが、「問題への対処の方法」になってしまっている気がしないでもない。

トムがインタビューで語っていた不満、例えば、戦争や環境問題では、根を掘り下げていけば切が無くなる程複雑なものだと思う。9.11以後の戦争は、まるで9.11がきっかけで起きたように言われるが、9.11の背後に何があったか、事件の直後は語られなかった。そうして今になって、宗教対立の根深さが議論されるようになって気が付く。「同時多発テロは防げたのでは無いか」と。

水がまずいと外国のミネラルウォーターを買い漁るのに、自国の河川の環境問題に関心を向けない。「安心の植物原料を使っているから」と洗剤を買い漁るのに、その植物を植えるために自然が破壊されているのを知らない。資源枯渇を騒ぎながら、SUVを乗り回す。「環境問題」ってのはお前の生活環境のことか、と言いたくもなる。

人が問題に関心を向けなくなった時に問題の当事者は無茶苦茶やり始める。問題が騒がれるようになると、口々に不満を叫ぶが、その時には、トム・ヨークも言うように「もう遅い」。

今、形ばかりのマナーなど、奇妙な社会的な正しさが叫ばれるが、本当の問題には関心が向けられず、むしろ、「無関心」を、見かけだけの姿勢で償おうとしている事に、トム・ヨークは「もっと考えろ」と警告しているのでは無いかと、彼のインタビューを見ていて感じた。人々が考えないから、無茶な戦争も起きるし、環境も破壊される。そういう事を彼は訴えたかったのではないかと思う。

ところで2+2=5が収録されているアルバムHail to the Thiefだが、今読んでいるある本の中でアメリカの大統領を迎える時の曲にHail to the Chiefと言うものがあるらしい。もしこれをもじったものならなかなか面白い言い回しだな、と。
スポンサーサイト
| 未分類 | 03:04 | トラックバック:0コメント:5
コメント
事情があってインタヴューを見逃してしまった。生のトムの声を聞ける機会は日本ではめったにないから本当に無念。何とかネットでインタヴューの概略は見ることができたけど。

インタヴューを探してたときに情報を入手!!なんと10月6日のNHKのPOPJAMにトムが出演予定らしい。奇しくも祖日は俺の誕生日。まさかトムが放送されるとは。いい誕生日プレゼントだ笑

トムは日本に興味があるのかな。かつて村上春樹について少し語ってたし。

まさか、このインタビューで批判しているように、複雑な問題を単純化して、群衆の支持を得た総理がいたからじゃないだろうな
(以下インタヴューより引用)

膳場:どうしてブレア首相とブッシュ大統領を危険人物だと思っているんですか?


トム「彼らは複雑な政治的問題を自分たちの行動を正当化するために単純にしていると思う。単純な悪と正義の戦いというふうに歴史を書き換えようとしているんだ。」




2006.10.01 Sun 14:17 | URL | Carles Puyol
誕生日にそれはすごいことだな!素晴らしいプレゼントですよ。俺も絶対見ないと。

いやーある意味ではその「まさか」で、指導者が複雑な問題を単純化するのは英も米も日も一緒だし。でも彼のような視点は何故かないがしろにされるよね。「単純化」されたものをあまりにも簡単に受け入れすぎているからなのかね。そうすりゃ考える必要は無いわけだしね。何もかも都合のよい合理化ですか?って感じだね(苦笑)
2006.10.02 Mon 01:08 | URL | ぷにぷに
10/6にトム出るんだ!見ないと。

あの曲が"2+2=5"なんだ。

最近思うのは、利権者を批判するのは簡単だけど、自分で実行できてない。
イラク戦争の時自分は大きく声を上げたかと言ったら新聞の投稿にチャレンジする程度。それが届いたとしても強行されてただろうことを考えると、あの仲良し大統領達の過失はもちろん何にも比せないものはあるけど。

もっと身近な環境問題については、例えばリサイクルを積極的にやってるかといえばそうでもないし、車も運転するし、自分の目の前の生活で精一杯という側面もある。

批判と同時に実行もしないとだね。
2006.10.03 Tue 18:12 | URL | 祥子
俺も偉そうなこと言って何かしているわけじゃないしね。新聞に投稿しようとしたのはすごいと思うよ。何も考えずに馬鹿な生き方している奴らにならなければ良いと思う。日本は割りとそういう生き方を奨励する向きがあるしね(笑)

ところで今度浦鉄持ってくよ。あれからまたコレクションが増えてさ~。ははは。

2006.10.03 Tue 21:27 | URL | ぷにぷに
うん、何も考えてないよりはよいかもと思う。

「ブレア?だれそれ?」
とかね。

浦鉄ありがとう!私はあのライスマンの下りの巻は買おうと思ってます。久々に爆笑したい。
2006.10.05 Thu 09:20 | URL | 祥子
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://acchonburike507.blog71.fc2.com/tb.php/19-a6dcac7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

ぷにぷに

Author:ぷにぷに
はじめまてち。
ぷにぷにでちゅ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。