ねこが大好き。 いろんな物事について書いてます。

ぷにろぐ

インタビューを見ていて。 | main | ハーメルンの笛吹き男
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
live forever
ブリットポップの変遷を描いたドキュメンタリー映画。ロックファン必見。

実は以前にも見たことがあるけどまた見たくなったので借りてきた。

英国の長きに渡るサッチャー政権が終わりを告げ、新たな時代へと活気づいた時代。雑誌の編集者がインタビューで答えているように「もしこうだったらいい」と言う「if」が実現した時代。90年代の前半である。

作品内ではアーティスト(ブラー、オアシス、パルプ、マッシヴアタックなど)のインタビューで流れを追う。英国内のアメリカ文化の繁栄に対するクールブリタニアの反発。サッチャー政権は労組の解体、市場主義の導入など、やや「アメリカ的」な政策を導入しており、それに対する市民の文化的反発のように捉えることもできる。

ブリットポップと言えば「オアシス対ブラー」のチャートウォーで有名だが、当事者である彼らの話によれば、それはメディア(NME)がけしかけた「戦争」であったようだ。ブラーのデーモンは「第3者が絡んでいた」とあからさまな不快感を露にしている。

個人的な好みを言えばブラーもオアシスも好きだ。ブラーの皮肉の利いた歌詞、オアシスの力強い歌詞、どちらも開放された時代には素晴らしいものだったのだろう。

短くも素晴らしき時代。それがムーヴメントに発展した時代。見ていて羨ましいと言うか、そんな感じだ。

俺はブレアとブリットポップが結びついていたように錯覚していたが(もちろんクールブリタニアを売り出したのは間違いないが)、映画で語られるブリットポップの終焉がブレア政権の発足と同時であることが興味深い。その意味ではブレア政権は政治的に素晴らしい後押しを受けて発足した側面もある。ブリットポップ全盛はメージャー政権時代であり、その意味では保守党の政策を受け継ぐ形で支持を得る結果となったブレア政権を端的に現しているような気がしてならない。現在の保守党がややかつての労働党的な思いやり政策を打ち出していたのを見ると、いかにブレアが保守党の政策を引き継いだかが感じられる。

ところで、ブリットポップブームの中で、やはり文化がメディアなど特定の利益に吸い上げられる様も描かれている。デーモン・アルバーンの憤りを見てもそうだし、ジャヴィス・コッカーのインタビューなどでも捉えられる。「あの店は素敵よ、だってスプーンがあんなに汚いんですもの」

そして終焉はオアシスのBe Here Nowの時期で訪れるように描かれる。作品の雰囲気はがらりと変わり、政治に操られたブリットポップの姿がそこにはあった。「彼(オアシスのノエル)は虚勢されたのよ」「俺が一番ムカついたのは、ブレアが息子を私立学校に入れた事。そしてその話をするなとブレア側に言われたこと。だから官邸のパーティーには行く気は無い」

実際その時代を感じていない俺としては(当時小学生で、悪さばかりしてロックの「ロ」の字も知らない少年だった、まぁやっていることはロックだったが笑)真実がどうなのか確かな事はいえないが、確かに描かれる流れを見ると理解できる部分が多い。

最後のノエルのインタビューが傑作だ。あるアイドルグループの振り付けを真似て「(振り付けを真似ながら)何だこれは?俺にはさっぱりわからない。いまや振り付け師の独壇場だ」

ブラーのアルバーンも皮肉たっぷりに「アイドルをアメリカに輸出するのは今までの恩返し」と語っている。

あれから10年ほど。新たなムーヴメントが起こりにくいと言われるなか、何か起こって欲しいと思うのは無理な願いだろうか。
スポンサーサイト
| 映画 | 03:39 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://acchonburike507.blog71.fc2.com/tb.php/18-d46200f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

ぷにぷに

Author:ぷにぷに
はじめまてち。
ぷにぷにでちゅ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。