ねこが大好き。 いろんな物事について書いてます。

ぷにろぐ

ハーメルンの笛吹き男 | main | Road to war
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
彼は孤立していたそうです。
笑ってしまった。何を今更。

日本のサッカーを統括される立場にある某お方がある選手の状況について今更になって語った模様。記者会見の場で次期監督の名前を「うっかり喋った」のが実は意図的であった事を暗に裏付けるようなこの時期の発表。いつまでファンを馬鹿にし続けるつもりなのか。ちなみにここでは彼を批判はしない。その取り巻きが大きな問題だ。

かの大会の直前から期間中まで、3試合目での帰国が決定するまで、ファンにまともな議論ができる余地は殆ど無かった。あほで間抜けなマスコミどもがあほで間抜けな議論を垂れ流し続けたからだ。サッカーをろくに知らないいわゆる「にわか」と言われる連中が自分の意見を持つ環境を根こそぎ奪い取り、戦時中の大本営であるかのように洗脳を施し、敗戦が決まると「僕は関係ないよ」とばかりに早々と騒ぎから撤収した。

大会中彼が孤立していた事は専門誌を始めとするいくつかのメディアが報じていた。知っている奴は知っていただろうし、それに何の議論もされない事に疑問を感じていた奴もいただろう。代表のエース格がチームに馴染めていないのは日本のような後進国では致命的の筈なのに。だから、誰かが、いちファンがそれを知り、世論が大きな議論を呼べば、選手や協会も何かのアクションを起こせたはずなのに。そしてそれを手助けするのがマスコミだったはず。

本来マスコミが「まともな仕事」をしていたなら、今回のキャプテンの発表に怒り狂っておかしくないはずだ。それがどうだろうか。ネットの記事の隅のほうにちょこっと出でいるような扱いである。職務怠慢。

これで奴らが何の反省もしていないことが決定的になった。大会後も少しは反省するのかなと注目してはいたが、ご覧の通り。馬鹿騒ぎの舞台はリングへと移りそして1枚のハンカチへと移った。そして今回の発表に対する姿勢はどうだろうか?サッカー界のトップが「隠し続けた」事実がこのタイミングで明らかになったのだ。それなのにろくな反応も見せない。マスコミからすれば終わった事。こいつらがどういう姿勢で物事を報じているかこれではっきりした。

結局やつらは俺らが変わらない限り何も変わらない。それが明らかになっただけでも大きな進歩だ。冷静に考えればどこかでおかしいと気づくはずだったが考えることを放棄した時点で人間は負けだ。ありのままで捉えてしまうと、洗脳され決して解かれる事は無い。祭りに入り込んで騒ぐ前に、祭り全体を見渡して、それがいかに馬鹿馬鹿しいかしっかりと眺めるべきだ。それからどうするか考えればいい。
スポンサーサイト
| スポーツ | 02:36 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://acchonburike507.blog71.fc2.com/tb.php/16-cae1b068
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

ぷにぷに

Author:ぷにぷに
はじめまてち。
ぷにぷにでちゅ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。