ねこが大好き。 いろんな物事について書いてます。

ぷにろぐ

Road to war | main | I wish I was special
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
REEFER MADNESS Sex,Drugs,and Cheap Labor in American Black Market by Eric Schlosser
Fast Food Nationの著者のノンフィクション。

FFNでは、著者の姿勢に大いに共感し、俺が物事を考えるうえでの大きな助けのひとつになったと思う。読めばはっきりするが、それは「他人様の国の事」と単純に片付けられないようなモノだ。今ではどこにでも存在し、うまく共存していかなければならないモノだ。「真ん中を指していた(もしくは指すべき)針が片方に大きく振れた」のが今の世の中だと俺は思っていて、バランスを欠いた社会で不利益を被るのは決まった人間達である。

制度は大方の物事を決めるルールみたいな物だから、当然、その形成に何の意思も反映されない連中からすれば、フェアに、有効に機能することを願う以外何の術も無いと思うが、価値観の議論になると伝統やら宗教やらに押され、オープンな議論は流される。

最も危険だと思うのは、意思決定の立場にある者とそうでない者の間の溝が深刻な程に大きく、それが結果的に制度の破綻を招く場合だと、少ない知識ながら俺は感じる。制度が秩序を保つ為にあるのなら、制度が引き金となって無秩序を招く事は大きな矛盾だと思う。

俺がそんな事を思いながら読んだのが、この作品Reefer Madnessで著者が題材に挙げている、マリファナと不法移民の労働の問題だ。医学的な問題であるはずの薬物が宗教的価値観に摩り替えられ、不法移民の問題がその取締りに焦点を当てられる。それが制度の奇妙な基準に置き換えられるのが、本当に現在の「正当な価値観」なのだろうか。

形そのものの完成度より、それの下の置かれる人間の問題について語る姿勢が、俺がこの著者に大きく共感する部分だ。それも、ただ闇雲に怒るだけでなく、別の道もあるのではと考えさせてくれる。

話は作品からやや飛ぶが、戦争の大儀が、恐怖への治療薬になってしまっている事や、最低限のラインで共有していた価値観が崩壊し、人々の繋がりであるべき社会が、ただの人の集まりになってしまい、実は意識においてバラバラである事が招く結果をわかっているのに、それを止められないカラクリを考え、変えていくべきだ。

読み終えてみて思ったのはそんな事。


最後にPearl JamのWorld Wide Suicideより。

Looking in the eyes of fallen

You got to Know there's ANOTHER ANOTHER ANOTHER ANOTHER

ANOHTER WAY




スポンサーサイト
| books | 02:08 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://acchonburike507.blog71.fc2.com/tb.php/14-e5acd5d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

ぷにぷに

Author:ぷにぷに
はじめまてち。
ぷにぷにでちゅ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。