ねこが大好き。 いろんな物事について書いてます。

ぷにろぐ

REEFER MADNESS Sex,Drugs,and Cheap Labor in American Black Market by Eric Schlosser | main | Pearl Jam and Johnny Boy
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
I wish I was special
Radio HeadのCreepが熱い。

友人がくれたアルバムの中に入っていたのだが、俺としてはRipcordやThe bendsの方が音としては好きで、最初はそっちの方ばかり聞いていた。

でも、何気なく歌詞を見てみると俺にとって物凄く意味のある事が書いてある。俺の感性なんてこんなもんで、音よりもやや歌詞を重視する傾向にある。歌詞がよければ音も良くなるいい加減な耳だ。


この部分に打たれた。

I wish I was special
You're so very' special

But I'm a creep,
I'm a weirdo
What the hell am I doin' here?
I don't belong here


About a Boyと言う小説を読んだことがある。まさしく「weirdo」と表現される少年の話だ。子供なのにどこか大人びている。もしかしたら「大人びている」と言うよりは、単にそれが彼自身だったようにも思う。でも結局周囲が「weirdo]と言えば彼は「weido」だし、そうでなければそうで無い。

俺が思うのは、つまり俺等は誰かの評価の下に晒され続けるって事だ。その評価はお金だったり地位や身分であったり。それは対人関係に重くのしかかり、絶対的な評価につなげる人間も大勢いる。例えば着る物に関して言えば、ブランド物のスーツを纏った人間は、着ているものがある種のステータスになる。もしかしたら、メーカーに着させられているだけかも知れないのに。「デキる男の~」「チョイ悪オヤジ」と言ったフレーズがファッション誌に踊るが、それを見て参考にする人が「デキる男」でも「チョイ悪」でも無かったら、意味をなさないはずなのに、矛盾が広く受け入れられている。

ファッションに限った事ではないが、本質を見誤った、アクセサリーのようなモノを現代人はステータス化し、それを自分と結び付けている傾向がある。「自分=自分」と考えられないから「○○=自分」の空欄を埋めることに必死になっている。

俺はT・Yorkがどういった意図でこの詩を書いたのか全く知らないので、勝手な解釈だが、内面と本質を理解し、意味のなさないものに苦悩し「俺はおかしな奴。一体何をしているんだろう」と叫んでいるように聞こえてしまう。そんな自分を理解しつつも「俺も君のように特別になりたい」と歌うこの曲の「I」に妙な共感を覚えてしまう。
スポンサーサイト
| Rock | 20:40 | トラックバック:0コメント:5
コメント
うーむ、たしかに。そういうとらえ方もできるね。いままでは自己嫌悪にまみれたLOVESONGとしてとらえていたけど、いまじっくりと聞いてみた。

たくさんの[I]の集合体が社会だとして、ある「I」が社会のなかで生きていくときに、「I」の追求している価値観が社会と食い違うと、「I」は社会のなかで認められるために、「I」の価値観を社会の価値観に同化させていく傾向があると思う。

その社会に蔓延している価値観というのは多くの人の目に触れるものであり、そこにはたいした意味もなく手軽な心地よさを追求しているだけのもの多いと思う。そんななかで「I」独自の価値観は置き去りにされていく気がする。そして「I」独自の価値観が置き去りにされることに抵抗をもたない人もおおいと思う。
ThomYorkは「I」の価値観と社会の価値観を同化させるのが苦手な人のような気がする。そして、社会と食い違った「I」が社会のなかで疎外感や孤独感を感じ自己嫌悪に陥っていくようなことをこの歌では暗示しているのかなぁとか思った。


気楽に楽しく生きるためには、「I」を社会にある価値観に同化させたほうがいいのかもしれない。気楽に楽しく生きるための価値観は社会のなかに本当にたくさんあると思う。その価値観を求める人たちはビジネスの対象となっていると思う。別にこれらのことが悪いとは思っていない。俺も気楽な楽しさは欲しいと思う。しかし、そいう言うものの中に長くいると、なんかしっくりとこない感情が湧き上がる自分がいる。

俺はThomYorkをはじめそれができない人たちが表現するものを見ると感動する。それは気楽な楽しさのなかでは得ることのできない感情だ。俺には[weirdo]の素質があるのかもしれない(笑)。


話はそれていくんだけど…
俺のような凡人はやはりある程度いや、かなりの程度「I」と社会のすりあわせをしないと生きていけない。しかし、すべてをそうしたくはないという気持ちはあるしすべてがそうせざる終えない状況に追い込まれたら精神的に絶えられない。
PearlJamの言葉を借りるなら「I am mine」だ。自分は自分のものでありたい気持ち。


歌詞を引用するとこんなところがある
and the feeling get left behind
all the innocence broken with lies
あんまり「I」を社会に同化さようとすると、自分の大切な感情がどっかに行ってしまう気がするんだよね。それだけは絶対にいやなんだ。

もしかしたらこんなことは考えないほうが気楽に楽しく生きられるのかもしれないけど……だけどね。





2006.08.29 Tue 01:23 | URL | Carles Puyol
本当にその通りだね。

俺はいつも何事にもバランスが大事と思っているけど、最近その針が一方へ極端に振れてしまっているように思う。

>>その社会に蔓延している価値観というのは多くの人の目に触れるものであり、そこにはたいした意味もなく手軽な心地よさを追求しているだけのもの多いと思う。

>>その価値観を求める人たちはビジネスの対象となっていると思う。

そしてそこからはみ出すとおっしゃるとおりweirdoになるね(笑)毎日一生懸命お金を稼いで、その金を高級ブランド店に提供して、対価として「ステータス」を得る。このサイクルだけには常々巻き込まれたくないと思いつつも、気が付いたら心地よく針は振れてしまっていた。そんな世の中になりつつあるようだ。いつの時代も多数決で価値が決まるから。

物事とうまく共存することが大事なはずなのに、何にも考えないorそんな余裕が無いから、気が付いたらI don't belong hereみたいな事になってしまうのかも知れない。まぁCarlesも俺も十分weirdoだけど(笑)

>>PearlJamの言葉を借りるなら「I am mine」だ。自分は自分のものでありたい気持ち。

アレは凄い曲だ。
最後の部分では
And the meanings that get left behind
All the innocents lost at one time

俺は俺。お前はお前。お互い尊重すべきなのに。誰かが決めてみんながそれに従うって構図は馬鹿なメディアと大衆の構図で最近嫌と言うほど見てきたけど、個々が少し、自分に正直になればと思う。誰がハンカチの王子なんかになりたいんだ?って(笑)

>>もしかしたらこんなことは考えないほうが気楽に楽しく生きられるのかもしれないけど……だけどね。

映画のマトリックスでこんな場面があったね。虚構の世界で有名人にしてもらうために魂を売り渡す奴とそれに必死で戦う奴。「自分」だけは渡さない、って。

「だけどね」だよね。「だけどね」だけは忘れたく無いと思うよ。最後の砦は持っていたい。
2006.08.29 Tue 03:43 | URL | Neko Rocker
「お互いが尊重しあう」良い言葉だ。

個々人が便宜的に同じになることで共同体意識を持つようなのは少し息苦しいよね。潜水病にかかってしまう。

we are one but not the same
の姿勢は持つように心がけていたいと思う。

ブログのデザインがRadioheadのCDジャケットを思わせるのは気のせい?
2006.08.30 Wed 21:26 | URL | Carles Puyol
おぉU2だね。

Carry each other
Carry each other

同じである必要と無い必要の境界線が本当に曖昧だよね。

デザインは特に意識しなかったけど何かに似ているの!?ジャケを持っているのはHail~とPablo~だけなので(笑)
2006.08.30 Wed 23:43 | URL | Neko Rocker
ジャケってよりもok computerかkidAの歌詞カードに似てる。雰囲気が。今度見てみて~
2006.09.01 Fri 00:42 | URL | Carles Puyol
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://acchonburike507.blog71.fc2.com/tb.php/13-fbb7095e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

ぷにぷに

Author:ぷにぷに
はじめまてち。
ぷにぷにでちゅ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。