ねこが大好き。 いろんな物事について書いてます。

ぷにろぐ

I wish I was special | main | Long Way to Home
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
Pearl Jam and Johnny Boy
最近俺にとって久々に熱いロックアルバムがある。

以下はその感想。

俺は基本的にロックは何か意味のあることを歌わないといけないと思っている。もちろん歌詞に意味は無くともひとつの形として形成してきたロックバンドは本当に尊敬している。例えばBon JoviやAerosmith、Guns and Roses。彼等は典型的なアメリカのスターバンドだ。それを批判する者も大勢いる。だが俺は彼等が本当に好きだ。いかにもアメリカのロックナンバー。BJのLivin' on a PrayerやAeroのNine Lives、GunsのWelcome to the jungle。素晴らしい曲であり今後も何百年も歌い継がれていくべきである。誰かがカヴァーしてもいいし、ギターを弾ける奴は家で弾けばいい。俺も最初の2曲は良く弾く。…うまくないけど。

一方で、ClashやU2、Sex pistols、Ramonesのように何かに怒り何かを訴えた連中もいる(非常に短絡的な表現だが)。世の中何かおかしいんじゃないか。そんな怒りが若者に共感を呼び、若者の姿勢に大きく影響していった。その事実もまた受け継がれていくべきである。それは最近の日本のバンドが全く気にかけなくなった姿勢でもある。愛やら恋やら「いかにも売れそうな」曲を垂れ流し続けたのが残念ながらわが国の音楽業界だ。先ほどの話と矛盾するかも知れないが、それにしても国内のバンドに気力は感じられない。

パンクはアティテュード。未だにそれを基本姿勢だと信じ、人生設計までに取り入れている俺としては見逃せないバンドが最近アルバムを発表した。

Pearl Jamのセルフタイトル、"Pearl Jam"とJohnny Boyの”Johnny Boy" あれ、両方セルフタイトルだ。だが久々に「きた」アルバムだ。

PJは今回のアルバムも非常に政治的だ。彼等の曲は後半の作品が政治的なんて言われるみたいだが、実際全てを聞いているわけでは無い俺が聞いてもポリティカルだ。俺の勝手な解釈では、明らかに某国大統領への批判であり、某国の貧富の格差への批判であるように思う。それをいくつかは非常に直接的に、いくつかは非常に文学的に、ロックナンバーに収めた曲は大きな意味を持つ。

JBはさらに直接的な歌詞で訴える。俺達は第3世界を食い物にし、その報いとして爆弾テロの犠牲となる。俺達は食べるもの、着るものがアイデンティティーになってしまっている。馬鹿馬鹿しくないか?耳が痛い。

で、また身勝手な帰結になるが、俺等のような若い連中はこういう曲を聴き考えるべきだ。考えたことが無かった奴も今からレコード店に足を運び中古でいいからこういうCDを買い、聴き、考えるべきだと思う。

ロックの力とは元来こういったものだったはずだ。その辺の飲み屋で俺等のような何でもない若い連中が「なぁ、最近なんかおかしいんじゃねぇか?」そんな言葉を交わしムカつき、考えるものでは無かったか。

それすら放棄し、何となくベルトコンベアーのように流され、終いには会社のロボット、社会の「クズ」、ニートになるのは何かもったいないし、自己を形成する手段を持たないまま何となくではロックも泣く。

日本のレコード会社も大いに問題だが、まずはリスナーが変わるべき。

だから先ほど挙げたアルバムを聞いて欲しい。気に入らなくてもいい。曲の好みは多種多様。だが訴えることは意味があるはず。それは俺等のすぐ隣に位置し、すぐにでも関わってくるように思える。

スポンサーサイト
| Rock | 05:13 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://acchonburike507.blog71.fc2.com/tb.php/12-96e6e7b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

ぷにぷに

Author:ぷにぷに
はじめまてち。
ぷにぷにでちゅ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。