ねこが大好き。 いろんな物事について書いてます。

ぷにろぐ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
病院(笑)
同じ場所に同じ曜日の同じ時間に行けば大体同じような人がいたりする。俺と同い年くらいの受付の女の子の誰が可愛くてそうでないのかも大体分かってくる。新しい人がいれば気付く様になる。自分の担当医はいつも診察時間前に待合スペースを横切ってどこかに消える。採血は大体2,3人のローテーションで、個人的にはノリの軽い30歳くらいのお姉さんにしてもらうのが好ましいと思うようになる。この人はとにかく元気がいい。病院みたいな陰気で負のオーラが容赦なく漂うような場所でああいう人がいると嫌でも目立つ。彼女のノリは仕事が楽しいからなのか、それともそうでもしないとやってられないのか、元来がああいう性格なのか、とにかく理由は不明だけど。ちなみに採血直後は腕が痺れた感じを覚え、妙に力が入り辛くなる。アレが本当に嫌だ。

ところで、予約通りであれば9時からの診察のはずなのに当然のように1時間ほど遅れる。しかも、これが一番の謎なんだが、診察開始の最も早い時間は9時で、俺はいつも9時に予約をしているのに俺の前に毎回5,6人の患者が入っている。いつもこんな状況なので当然時間は掛かり、昼を跨ぐ場合も。必然的に本が必須になり、そこそこの数を読んだと思う。最近モダンホラーの短編集が気に入っている。本当に怖いのはお化けじゃ無くて人間の心だね。


今後気が向いたら読んだ本のレビューでも上げます。


そうそう、毎回何の変化も無い病院の中である体験をした。結果的に何かのプラスになる体験では無かったけれどひとつの変化としては良かったと思っている。つまり暇潰しにはなったのかなと。

話は2週間程前。小話風にリコール。

その日はいつに無く診察の開始時間が遅れていた。月曜日だった。自分の順番まで8人の患者がいて、一向に自分の名が呼ばれる気配は無かった。しかも最悪な事にいつもは持参している本を忘れ、まさに時間を無駄にする為だけの時間を過ごすはめになった。よくこういう時に人間観察をすると面白いと言う人がいるが、病院だけは絶対にやめた方がいいと思う。自分と同類を見て気が滅入るだけだからだ。最悪の週の始まりだ。

本当にやることが無く、家に本を取りに帰ろうかと考えていたところ、隣にいた女性(名前は一応伏せます)が話しかけてきた。年齢はおそらく30代半ば~40代手前位。スーツ?のような割とフォーマルな格好で、OLと言えば納得するようなタイプだ。そこそこの美人だったけど、このまま歳を重ねるに連れて更なる劣化が到来するんだろうなと予測できた。若いころは今よりさらに美人だったと思う。で、「失礼ですが」と話しかけてきた。

「いつもいらっしゃいますね」

いきなりで何かと驚いたが正直煩わしいとは思わなかった。何より暇だったし話し相手がいるだけマシだと思ったので割りに丁寧に対応した(と思う)。でも「いつも」って知っているって事はいつからか見られてたのか?と少し気味の悪い感じはしなくもなかったが。

「えぇ」と普通に対応した。「何度か通院しないといけないもので」と。「僕の事ご存知でした?」

変な話、ナンパの様な目的で声を掛けた可能性も頭に浮かんだ。可能性としてはかなり低いわけだが。髭は何日も剃らず、髪も伸び放題でくしも通してない。あげく服装は汚いデニムに汚いコート、朝食を抜いて気分的にも良くなかったし、さながら自殺まで半歩手前の躁鬱病患者みたいな感じの男にどこの物好きが声を掛けるのかと。

「若いのにいつも通われているから気になってた」とその女性は言った。同じ曜日の同じ時間で通えば俺を知っていてもおかしくは無かった。「失礼だけどどんな病気で?」と聞いてきた。「たいした事は無いけど念のため血液検査している」と曖昧に濁した。全治不明の血小板減少症とはネガティブなのであまり言いたくなかった。

すると心配そうな顔をしたその女性が「悪い結果にならない事を祈るけどもし何かあったら」と
言って1枚の紙を渡してきた。薄々は読めていたがやはり。新興宗教の案内だった。

当然その場で受け取るのを断った。ついでにはっきりと自分の意見を言った。「興味が無いしプラスになるとは思えない」。すると彼女の先ほどまでの穏やかな態度は一変し、ややきつい口調で非常に有難い説教を始めた。

彼女曰く日々の行いと今の結果は密接にリンクしていて、俺の病気も日々の行いの結果として提示されているものらしい。聞こえは良いがこういう考え方は本当に腹が立つ。意味が無く、何の根拠も無い。それにあまりに盲目的過ぎる。

結局説教の後、彼女は席を立ってどこかへ行きました。何で俺がターゲットになったんだろうかね。絶望的な雰囲気を醸し出してて救いを求めてそうって思われたのかな。それはそれですごく面白いと思うけど。
スポンサーサイト
| 日記 | 22:17 |
歩いた
今日はいつも以上に沢山歩いた。その記念碑的なレビュー。

パートナーと湯島のお宿から、地元の図書館に自転車を止めて、某公営展望台へ。空が完璧に澄んでたから景色が良かった。秩父連峰なんか手に取るように近くに見えた。見下ろす全てのモノがすぐそばに見えて、どこか全てがミニチュアのような感じさえした。俺達はこのミニチュアの構成員だと実感したよ。それでも愛すべきミニチュアだけどさ。この距離約1.5キロ。

展望台から植物園へ。保育園以来だったから全然覚えてない。あの時は、友達とふざけて保護者の周りを走り回って、池でザリガニ釣りをしたのは覚えていたけど、実際に10数年経って来ると、景色が小さく見えて実感があまり沸かなかった。釣りをした池は、今では立ち入り禁止になってて、当時を思い出すのは結構苦労した。時間が経ってから来ると不思議な物だね。でもあそこは都会のジャングルなのか、取残された貴重な空間で非現実的だった。また行くと思う。この距離、園内散策も含めて約3キロ。

植物園から神保町へ。喫茶店に入ったけら、精神病棟の収容所みたいな雰囲気だった。外が晴れているだけにギャップが素晴らしかった。ブラインドは空けろよ、店主。約2キロ位かな?

神保町から神田明神様へ。結婚式??をやってた。西洋のハッピーでエンジョイな雰囲気と比べて威厳があるね。新郎新婦が神社の前で記念撮影をしてたんだけど、回りのギャラリーさんもそれを写真に撮ってた。いいのか?個人情報にうるさいこのご時世。約1.5キロ。

神保町から千駄木の某中古書店に。力説する必要は無いけど、町は相変わらずすごいところ。江戸っ子なら分かるはず。タワーマンションなど必要ないはず。建つ「理由」も小説程には無いはず。約3キロかな??

で地元に帰還。約3キロ。

今日みたいに歩くのは久しぶりだけど、価値観を実感できた事は重要だと思う。明日から、日付変わって今日からまた不毛な戦いが5日も始まるだけに、こういう時間は大事にしたいよね。

俺はやっぱり「こっち側の人間」だな。
| 日記 | 00:29 |
ねこ
金曜の夜に勤め先の近くの割と雰囲気のいい飲み屋を2件飲んでそのまま吉祥寺へ。各駅だと40分近くかかった。着いてから食事のできる店をさがしたけど、路地裏の店は混んでて入れそうに無かった。歩いていて気になったバーは外にまで客が溢れて俺達の入れるスペースは無かった。外国人がなにやら大声で話していて楽しそうだった。仕事の関係でアジアカップはまだ生中継で観戦できていなかった。試合の結果が気になって仕方無かった。空いている店は無い。仕方無いからコンビニでビールとグラタンを買って近くの空いているホテルに入った。ゲームをして3時ころ寝て7時には起きた。10時半頃出て井の頭公園を歩いた。初めて行ったけど雨さえ降っていなければいいところだった。ところで、あの辺は武蔵野市らしい。23区の位置なら大体把握できるが市になるといまいちよく分からなかった。

吉祥寺駅の近くの回転寿司で食事をして神保町へ向かった。書店に入って本を2冊買った。俺の好きな欧州のサッカー選手の悪ふざけの本を探したが見つからなかった。唯一気になったロイ・キーンの自伝とマテラッツィの馬鹿話の本はちょっと立ち読みして済ませた。近くのタイ料理の店で向こうの屋台で出される感じの料理とビールを一本飲んでラクーアに行った。雑貨やと駄菓子屋を見た。すももの酢漬けが高くなっていた。あの液体で一気飲みをしたら絶対盛り上がると思う。

日曜の昼に髪を切りに行った。俺がいつも頼んでいる美容師は出勤してなくて別の人にやってもらった。夕方から地元の友人の家の飲み会に行った。親が旅行中でやりたい放題だった。友人の友人達8人くらいとの飲み会で、俺は初対面の人ばかりだったがみんないいやつだった。ドイツでサッカーしてた人とかいろんな経歴がある人ばかりでいい刺激になった。年齢もばらばらだから価値観とか考え方とか得るものは多かった。因みに俺は2時頃泥酔状態で友人のガス銃を装填し家の中で一人でほふく前進しながら空砲をぶっ放した挙句、友人の飼いねこと遊んでくると抜かして、ねこと遊びながら倒れそのまま寝たらしい。朝11時に目が覚め、友人が昼過ぎにパスタを作り、残った連中で車で東京湾に出かけた。

城南島海浜公園って飛行機の離着陸が間近で見られる公園に行き、砂浜でかなりの量のアサリを取った。味噌汁にしようかと思ったが友人のありがたい通告を聞き断念した。晴海ふ頭の最高の夜景を楽しみ、地元に戻って銭湯へ行き、環七に出てラーメンを食べて11時頃帰宅した。

以上連休中の事実の羅列。
| 日記 | 01:41 |
Walk on
先日都内某所から川越まで歩いて行きました(合計30キロくらい??)。以下はその感想と記録。

午前9時頃、都内某所を出発。

午前11時頃、狂犬節がくすぶり始める。曰く「豚(←彼の知人のようだ)がブヒブヒ言いやがって」

午後0時から1時頃、埼玉県某市到着。チェーン店の植民地、多重債務者の温床(サラ金群)が立ち並ぶ街を通る。以下狂犬節が川越市内に侵入するまでさく裂する。

午後4時~5時頃、川越市内に侵入、町並みの違いに驚かされる。しかし川越市内の名所は一部の酒屋と菓子屋を除いて営業しておらず。

曰く「この状況(一日歩いて店は閉店)を笑えない奴は駄目だ」


ところで、歩いてみれば分かる。街の移り変わりとか景観とか。もちろん、我々「馬鹿一行(高校~大学と同期、大学では全員それぞれの後輩とも同期になるはめに…)」は大通りの一本道を歩いたに過ぎない。細かなところでは地域の文化が残り、地域社会がしっかり機能しているところも多くあるはず。

だけど、途中に歩いた街は正直理解できなかった。通りにあるのは外食チェーン店にクルマ屋、消費者金融にボーリング場、それにショッピングモール。典型的な郊外の街なのかも知れないが、「便利さ」の追求の結果なのか、不思議なものだ。もちろんこうした事を批判するのは都心に住む人間のエゴなのかも知れないけど。

ただ、クルマでのみの移動しかない地域で育つ子供は何を見るのかとも思う。都会と郊外、どちらが健全かなどとは考えないし、どちらにもまずい側面はあると思う。ただ今までに無かった、または考えられられなかった新たなモデルの街と考えるなら、ある種の異常さが見て取れた。サラ金のグループ会社が同じ敷地内に5,6店舗もまとめて出店している光景はある意味凄かった。その近くにクルマ屋があると「あそこで借金してクルマ買え」って言っているようにしか見えなかったし。

都会でも駅の周りははっきり言って似たようなものだと思う。それが分散して普通の住宅街に降りて来た時に異常さを発揮するのかとも考えた。もちろんそこに住む人がそれをおかしいと思えばの話しだから、便利さ追及ならそれでいいと思う。

でも俺は絶対に住みたくないね。都会に生まれた人間のエゴです。


川越は素晴らしい街だった。大手運送会社が支店の模様を街の風景と一体化させていた(小江戸風の店構え)。これはもちろん川越が観光地として成り立っているからだけどね。でもどんな小さな町にも特性が少なからずあるはずで、それをチェーン店植民地主義に侵害されるのは馬鹿馬鹿しい。最近俺の地元でも馬鹿な不動産業者が馬鹿な建物を次々と建てているけど、ほんと、飛行機でも突っ込まねぇかなと思う。馬鹿馬鹿しい開発にはうんざりだよ。


| 日記 | 20:57 | トラックバック:0コメント:2
Futsal again
先週日曜日に、久々(本格的には2年ぶり)にフットサルをやった。

友人とそのうちの1人の友人のチームとの練習試合みたいな感じだったのだが、天気にも恵まれ2時間たっぷり楽しめた。

楽しむ事が第一なので勝敗や内容は関係ないけど、相手は定期的に動いていたようで、スタミナの面でやや劣っていた部分があったかな。それ以外では経験の差はあるもののそれぞれの持ち味が出ていて、定期的にこなしていけば問題ないレベルだと思う。一度練習する機会があれば良いチームになるでしょう。(約1名サワー沢口になりかけた奴がいたが)。


で、以下は今回、一応本気で臨んでいた俺自身の反省。


総括:2年ぶりにしては悪くない。でもまずい部分もいくつか。

●ニアの失点がいくつか。これは致命的、改善しないと。
●足元の方が…。相変わらずの悪い癖。
●壁に当たったボールが背中に当たり失点。ピッチの都合、仕方ないのだが。

てな感じだろう。

それでも嬉しいことが。相手チームのキャップが俺のプレーを認めてくれたらしく、わざわざメールで助っ人の要請をしてくれた。彼はかなりうまかっただけに、認めてくれたのは自信になる。これからも精進精進。

基本的に相手のチームのメンバーも凄く良い連中で、ミックスチームでやっても盛り上がったのが一番良かった事だ。帰りの食事にも参加してくれた奴もいて、またあのチームとうちのチームで出来ればと思う。

とにかく月に1度でも動く事が重要だと思った。

それは翌日の激痛でさらに思い知らされる事になるのだが。
| 日記 | 19:23 | トラックバック:1コメント:2
| ホーム |

プロフィール

ぷにぷに

Author:ぷにぷに
はじめまてち。
ぷにぷにでちゅ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。