ねこが大好き。 いろんな物事について書いてます。

ぷにろぐ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
ドラえもんは観ずに読め。
「ドラえもんと藤子F不二夫(とブラックジャックも)は間違いなくロックンロールだから子供に積極的に読ませろ」と勝手に周囲に触れ回っている俺にとって、許せないのがテレビ朝日で現在放映されているアニメ版のドラえもんと訳の分からん「長編映画作品」を垂れ流し続け、「ザ・ロッカー・藤子」の面を汚し続けた藤子プロである。しかも番組が一新されてからは見るに耐えない。純粋無垢な子供たちを洗脳するB級アニメに成り下がってしまった(声優も含め)。

アニメのドラえもんには、原作での皮肉の効いた表現、社会風刺、自然環境や動物への敬意、変わる事の無い友人関係etc原作者が意図し伝えたかったメッセージがどのくらい込められているのだろうか。そしてありありと見せるシリアスな小学生の日常をどのくらい描いているだろうか。

番組刷新後のアニメをちらほら見ていて残念に思うのは、毒にも薬にもならない無害な作品に成り下がってしまっている事だ。これを「お子様ランチ作品」と呼ぼう。ファミレスなどのお子様ランチには子供の好きそうな食品や飲み物ばかりで、嫌われがちだが重要な野菜や果物の類は含まれない。それと同じで、ドラえもんの原作には一見すると子供には苦々しい表現かも知れないが作者の意図する重要なメッセージが含まれる。しかしアニメではそういった一見シビアなモノは表現されず、子供向けの、嗜好に合わせた意味の無い「ポケモン」のような作品になってしまったように思える。

俺の小学校時代は、親の仕事の関係で校内の「育成室」と言う収容所に夕方まで収容されたのだが、そのゲットーにてんとう虫コミックスのドラえもんが全巻揃っており、何度も何度も繰り返し読んだ。それまでは、アニメや映画でしか知らず(当時のアニメはまだ藤子路線を踏襲していたが)、漫画で「リアルなドラえもん」を体験し、はっきり理解したかどうかは別としても、何となく捉えたシュールな話に友達と笑い合ったのを覚えている。

具体例を挙げればキリが無いが、大まかに言えば、ドラえもんは時にぶっきらぼうで、現実的で、どこか冷めた発言をのびたにするし、のびたはドラえもんの道具で残酷で非常に身勝手な妄想を抱いて、結果失敗しそこから痛い目を見て学び(思い知らされ)、静香に性的な興味も抱く。こういう風に書くと、どこかダークなイメージが漂うが、それは感情をうまくコントロール出来ない社会的に未熟な小学生なら誰もが経験することであり、成長の通過点に過ぎないある意味「健全な」ものである。ジャイアンはどこかの独裁者のような側面もあり、スネオは陰険な側面もあるが、そういった残酷な側面はどの小学生も持ちうるモノで、言い換えれば純粋なモノなのだと思う。静香が「良い子」の型にはまらない(もしくはそれから逸脱した)場面もいくつもある。

また原作では、大人社会と子供の社会との接点を微妙なバランスで描き、それをドラえもんの道具を通して目の当たりにする場面がいくつも見られる。そうして彼等は互いに協力して成長し、ひとつの作品を通して大きなコトを学ぶ。それは「大長編」の形でもあった。

しかし、そういった側面は原作者の他界とともに、急速に薄れていき、アニメは「仲良しこよしピーヒャララ」の意味の無い駄作に成り果て、大長編はのび太がスーパーマンになることでどんな問題も解決してしまう、ありえない傾向に変わってしまった。

藤子作品の「大長編」を読めば分かるように、いろんな作品にいろんな教養が埋め込まれ、楽しく学べる素晴らしい教科書のような作品が藤子の作品だったはずだ。俺には「日本誕生」は「人類皆兄弟」と平和を訴える作品だったし、「アニマルプラネット」や「海底鬼岩城」で人類の愚かさを感じ取り、「宇宙開拓史」なんか馬鹿な企業犯罪が横行するこの頃のテーマにぴったりのように感じられる。

そうしたメッセージがどこまで今のアニメや映画に繁栄されているのだろうか。

だからこそ思う。子供達は「藤子F不二夫のドラえもん」をまず「読むべき」だ。理解できなくてもいいから、そこから何かを感じ取って、ロックな人間になるべきだ。

少なくとも俺の子供には「ドラえもん」を読ませ、ロックを聴かせ(出来ればギターで弾けるくらいになればなお良い)、サッカーを教え(できればGKだな)、ロックな人間に育てるつもりだ。

…最後、話が訳の分からん方向に行ったが、要は

「ドラえもん」は読め。ってコト。
スポンサーサイト
| ドラえもん | 01:50 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム |

プロフィール

ぷにぷに

Author:ぷにぷに
はじめまてち。
ぷにぷにでちゅ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。